103 views

化かされる

忘れられない事がある。
話しても誰も信じてくれないだろうし、私もよくわからない。

それは、私が中学生の時にさかのぼる。
うちは、父親と母親が離婚し、姉は母親、私は父親に引き取られた。
当時小学生だった私は、母親が恋しくて仕方なかった。
でもそんな素振りは一切見せなかった。それは、父親に申し訳ないから。
小学校の校長だった父親は、とても厳格で、私はよく殴られた。
今では騒がれるだろうが、私は虐待なんて今でも思わない。

話は少し脱線したが、私が中学生になったある日の事。
夏休みの部活から帰った私に父親が「これは何だ!」とすごい剣幕で怒っている。
私は、父親が手にしている物を目にし、スっと血の気が引いた。
父親が手にしていたのは、私の宝箱。その中には、母親と姉の写真が入っていた。
その他、母親と姉に宛てた出さない手紙。
父親は怒りのあまり、何度も私を殴った後、写真と手紙を破いて捨てた。
私はそのまま家を飛び出し、フラフラと泣きながら歩いた。

足はとなり町に住む母親の家に向いていた。歩いて1時間以上はかかる道。
でも、お金も持たずに出たので、歩くしかない。
そのまま私はテクテクと歩いた。
色々な事を考えた。母親は私を見たら何と言うだろう?何を話そう?
たくさん話したい事はあったし、出来る事なら一緒に暮らしたい。
考えているうちに母親の住む町まで着いた。
少し町外れの奥に入るが、確かこの辺に家を建てて住んでいると聞いた。
小さな店に入り、母親の家を訪ねた。
「貴女、娘さん?」と感のいいおばちゃんが興味深めに聞く。
「違います」と答えお礼を言い店を後にした。
おばちゃんはいつまでも見ていた。
その視線を背に、聞いた道をたどって行く。
足が戸惑いと緊張でもつれそうになった。

母親の家らしき前に立つ。表札を確認して、思いきってチャイムを押した。
「はぁい」
懐かしい母親の声が聞こえた。心臓がバクバクと音をたてた。
ガチャ。ドアが開いた。
「お母さん」涙が溢れた。
「なつこ(仮名)」とびっくりする母の顔。
ドアは小さくしか開かれず、少しだけ開いたドアの隙間から「お母さん、私を養って下さい」と言った。
「お母さんと暮らしたい」必死で言ったつもりだったが、
母は「お母さん貴女まで養えないから。帰りなさい」と言うが早いかドアを閉めた。みじめだった。
そのまま、回れ右で元来た道を歩くと、さっきのおばちゃんがまた、「もう、帰るの?」と聞いてくる。
泣き顔がわからない様に顔を伏せながら「はい」とだけ答えて通りすぎた。
家に帰るしかない。
トボトボと歩きながら、涙も乾く頃、町の看板を見ながら歩いた。
あまり早く帰りたくないので、ゆっくり歩いた。

駅通りのこの道は真っ直ぐで迷う事はない。
何だか馬鹿馬鹿しくなった私は徐々に胸を張って歩き出した。
町の色々な看板を見つめながら。
なぜか来た時より、遠く感じた私は少し息があがってきた。
「こんなに遠かったかな?」
中学生の私は少し不安になった。真っ直ぐな一本道、間違えるはずはなかった。
時計を見るともう、一時間以上歩いている。
それなのに、住んでいる町にすら着かない。
あまり見馴れない風景が続く。
看板にはやけに、A町と記されている。
A町を盛り上げよう A家具店 

A町?A町って私が知ってるA町は隣の県だけど?
じわっと汗が出る。
私、どこに来たんだろう?歩いても歩いても私の住んでる町の景色はやってこない。
うちに帰れない?と思った瞬間「お父さん」父の笑顔と共に父の作ってくれる卵焼きや味噌汁が頭をよぎった。
早く帰りたい。出てきた時は昼過ぎだったのに、空はオレンジ色になっていた。
私は黄昏時のその町を早足で歩いていた。
バス停が出て来て急いで名前を見る。見た事もない地名。
やはりここはA町なのだろうか。それにしても人は一人もいない。
車は走ってるが走る車を止めて聞くわけにもいかない。

そうして2時間ぐらい歩き続け、ようやく見馴れた道に着いた。
自分の住んでるS町。良かった!足元からヘナヘナと力が抜けた。
まだもう一息。帰らなきゃ。
そこから歩いて30分。帰る頃にはもう、日が暮れていた。
温かい家が見える。気まずい気持ちが甦る。
私は静かに玄関を開け、「ただいま」と言った。
父が迫力のある顔て「どこに行ってたんだ!」と怒鳴り声を上げた。
その後「まぁいい。ご飯食べなさい」と静かに言った。
その日のご飯はとても美味しかった。
父は母親が私を「足手まといになるからいらない」と言った事を知られない様、私から母親の存在を消してしまいたかったのだと思う。
これは後に祖母から聞いた。 

私は大人になり、2児の母親になった。
隣の県まで行って働いているが、ある日子ども2人を連れて隣の県のA町まで足をのばした。
そこに大きな図書館が出来たと聞き、早速やってきた。
その時には、あの迷い込んだ時の事はすっかり忘れてしまっていたが、
一本、道を間違えた私は、そこにあの汗だくでさ迷い続けたA町の景色を見た。
何とも言えない懐かしさがこみ上げた。
もう閉店したA家具店。所々にA町の看板。見馴れない橋。
それは決して長い通りではなかったが、確かにこの通り。
なぜこんな所に飛ばされたのか、それともこの景色に見える様に化かされたのか。
種明かしの様に目の前に広がる景色が、また、じんわり父のホントの優しさを思い出させてくれた。
この一瞬の時間もオレンジ色の空。
「お母さん」
車から子ども達が私を呼んでる。
ふと、現実に戻り、車に戻る。
あれからまた、年月は経ち。またあの景色の場所へ行ってみようかと思う。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

身内の亡くなった時の小話

曽利29号

某お笑い芸人さんの死の不思議

保育園のころの記憶

電話の向こうから

龍を見たおはなし1