589 views

さくら荘事件

私が大学生の時、友人のKさんが、さくら荘という古いアパートに住んでいた。

ある日、そのさくら荘に泥棒が入り、Kさんの部屋以外、全部が被害を受けた。

おもに、現金や貴金属類の盗難。

昼間の2時頃の犯行だったので、ほとんどの人は外出していて留守だった。

唯一、Kさんの部屋だけが無事だったのだ。

Kさんは、授業があって留守だったが、その部屋には、実は、私がいた。

授業が無かったので、Kさんの部屋でテレビを見ていた。

だから、犯人は入れなかったのだ。

しかし、Kさんは.警察の聴取に対して、部屋には、誰も居なかったと話した。

私を巻き込みたくないと、警察に「嘘」を付いたのだ。

しかしその為に、Kさんは警察から疑われてしまった。

唯一、被害に遭わなかった部屋の住人なので、アリバイを確認された。

もちろん、授業に出ていたのは明白なので、

すぐに疑いは晴れたが、アパートの他の住人からも、変に思われたようだった!

翌日、Kさんの部屋を訪ねて、驚いた。

警察は、あらゆる場所を調べていった。

事件当日、私が座っていたところのすぐ後ろのベランダに、犯人のものと思われる足跡があった。

犯人は、ベランダ越しに在宅か留守かを確認し、玄関の鍵をこじ開け、侵入したようだ。

すぐ後ろのベランダから、見られていたのに、まったく気が付かなかった。

後から考えて、ゾッとした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ここにいる

会場変更の理由

困った人々

狩り宿の男-3-

マッドサイエンティスト

渇望