この前、ご近所さんに柿を沢山いただきました。

そのときに、ふと思い出したちょっとだけ不思議な話です。

ご近所さんの家の庭には、立派な柿の木があり、秋になると毎年柿をお裾分けして下さいます。

私の母が子どもだった頃からずっとのことで、私も小学生の頃は、いただいた柿を干し柿にする為、祖母を手伝っていた記憶があります。

ご近所さんは、ご高齢の仲良し夫婦で、特に旦那さんは柿の木をそれは大切にしていたそうです。

いつから生えているのか、私の祖母が子どもの頃から既に巨木だったとの事なので、ご近所さんご夫婦が生まれる前からずっとそこにあり、代々大切にしてきたのだと思います。

しかし、私が高校生の秋のころ、ご近所さんご夫婦の旦那さんのほうが倒れられました。

そして旦那さんは、あの柿の木をどうか大事にしてくれと奥さんに言い残し、その年の柿を食べぬままに亡くなってしまったそうです。

旦那さんが亡くなって暫く、まだ青かった柿の実は大きく赤く熟れ、枝が重そうに垂れ下がり、無事収穫の時期になりました。

奥さんは今年1番に取った柿を仏壇にお供えし、またいつものように、余った柿を近所へお裾分けして周ったのでした。

その数日後私は、ご近所さんに今年も柿をいただいたとは知らぬまま、冷蔵庫で柿を見つけました。

お腹が空いていたので、ご近所さん家の柿とは知らず、普通に柿を剥いていると、そこに母がやって来て私に言います。

「それご近所さん家の渋柿やに?そのまま食べる気?」

私「えーー、そうなん!?もう切っちゃったやんーー!」

そう、ご近所さん家の柿は、干し柿にしなければ食べられない、渋々の渋柿だったのです。

母「仕方ない。責任取ってあんたが食べな。(笑)」

私「…くっ」

まぁ仕方ありません。私はしぶしぶ、柿をそのまま食べたのでした。

しかし、想像していたエグ味は全く無く、口いっぱいに甘くて濃厚な柿の味が広がったのです。

意味が分かりませんでした。

私「あれ?お母さん、これ甘柿やよ?渋くないわ、食べてみ?」

母「は?私をハメる気か?」

私「いやいや本当本当。」

疑う母にも食べてもらった所、やっぱり美味しかったようで、切った柿は半分以上母のお腹に収まりました。

私「これ普通にお母さんが買って来た柿なんちゃうん?」

母「いやいや、今年はまだ柿買っとらんよ。」

おかしいね、と言いながら、その場はもう一つ柿を食べてお開きに。

その後気になった母が、祖母と一緒にご近所さん家の奥さんを訪ねました。

母が柿のお礼を渡しながら、奥さんに柿のことを話すと、

奥さんもびっくりしたようで「ちょっと待ってね、家にあるの切ってみるわ。」と小走りで台所へ下がっていったそうです。

数分で、奥さんが切った柿を持って戻り「本当に甘くなっとる。良かったらどうぞ。」と、母と祖母へ柿を差し出しました。

母も祖母も喜んで柿を食べ、やっぱり甘くなっとるねと、皆で不思議に話したのでした。

奥さん「旦那が甘柿にしてくれたんかね。」

祖母「きっとそうやに。去年までは確かに渋柿やったもん。」

母「こんな事あるんですね〜。」

そんなこんなで、私は今もう社会人数年目。

渋柿が甘柿に変わって10年以上経っていますが、柿は甘柿のままです。

植物のことはよく知りませんが、渋柿が甘柿に変わることってあるのでしょうか。

あったとしても、大切にしていた旦那さんが亡くなった年に偶然というのは、やっぱり不思議に思います。

旦那さんは、大事な柿の木が渋柿だと、切り倒されるとでも思ったのかもしれません。

それとも、大好きな柿を、皆にもっと美味しく食べてもらいたかったのかも…。

来年の柿も楽しみです。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる