集団下校

「集団下校の帰り道。

遠くに真っ赤な月、見えた。

月光、赤くて怖い。

道の両側、田んぼの中からゲコゲコとカエルが鳴く。

月光、月光、月へ帰るとカエル泣く。

一人多いか、少ないか。

オタマジャクシは、皆無事か。

カエルが鳴いても振り向くな。

みんな足りてる、みな無事だ。

集団下校の帰り道」

私が小学生の頃、集団下校で帰る時は必ずこの歌を歌うようにと、上級生に教わった。

月が赤い時は月を見てはいけない、とも言われたかな。

でも3年生の時、隣のクラスの男子生徒が、それを破った。

歌を歌わずに赤い月を見た。

その時、田んぼの中から大きなカエルが出てきて、彼を一口で飲み込んでしまうと、真っ赤な月に向かって一声鳴いた。

確かに、それ以来ずっと彼は学校に来ない。

それから十年以上経つ。今はもうその子の名前さえも、忘れてしまった。

というよりも、そんな人居たかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる