261 views

どうなるのだろう?

これは、私の兄の〈小学生時代の思い出話〉です。

兄が小学四年生の頃、学校はかなり荒れていたらしい。

みんな自分勝手で、先生の言うことなど全く聞かなかった。もちろん兄も同じだった。

学校から抜け出して、どこか別の場所に行くのが好きだったらしい。

その日も兄と友達は、教室から非常階段に出た。

(あれ? 誰だろう?) 下り階段の途中に、誰かが座っているのが目に入った。

知らない顔だったけど、上級生に見えたという。

「おい、お前ら。どこに行くんだ?」

ニヤニヤ笑いながら、そのどことなく怖そうな上級生が話しかけてきた。

「俺が面白いところに連れて行ってやるよ」

兄たちは断ることも出来ず、彼の後ろに続いて行った。

上級生に連れていかれたのは、学校を出てすぐ近くにある空き家だった。

中に入るとテーブルやタンスなどの家具が残ったままで、今も誰かが住んでいるようだった。

「ほら、これだよ」

上級生が一冊のアルバムを出してきた。ニヤニヤ笑っているだけで何も言わない。

兄は仕方なく表紙を開いた。

どの写真も顔だけが写っている。

赤ちゃんや子供たち、大人たちの色々な顔…

なんとなくこちらを見ているようで、気味が悪かった。

その写真の中に一枚だけ、どこかで見たことがあるような顔があった。

「このアルバムの写真、全部、死んだ人間の顔を撮ったものなんだ」

ふと顔を上げると、あの上級生の姿が消えていた。

兄たちは急に怖くなってその家から逃げ出した。 もちろんアルバムはその場に捨てた。

その夜のこと、兄が自分の部屋で漫画を読んでいた時だった。

ミシッ…ミシッ…何が軋む音が聞こえ、部屋がすうっと薄暗くなった。

驚いて顔を上げると、耳元で声が聞こえた。

『……お前。今日見たもの、聞いたこと、絶対誰にも話すなよ』

あの上級生の声だった。

あのアルバムを一緒に見た友達は、夜中、突然死んでしまったらしい。

その翌日、兄の部屋に死んだ友達の写真が届いたが、すぐに捨てた。

兄は私にこの話をした後、最後にこう話した。

「深央…お前も、この話を誰かに話すなよ?もし話したら、その相手にも……」

さっきからミシッ、ミシッって音が聞こえる。

この話を知ってしまったら、どうなるのだろうか?

朗読: 繭狐の怖い話部屋

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビデオテープ

修学旅行の夜

おじいちゃん

マク◯ナルドのピエロ

自動販売機

海辺の女の子