240 views

伝言

『ここにメモを書き残しておく。

親友のナルミが死んだ。

理由は分からない。

お通夜で、ナルミのお母さんから手紙を渡された。

自分宛てだった。

はれこ いろの へこそ ぞくい のみき ろしう るいに ナルミ 二行だけの文章。

でも、すぐに分かった。

ナルミと二人だけの秘密の暗号だから。 〈サンギャク〉だ。

ここにその意味を書……』

メモは、ここで終わっている。

ところどころ、血の跡が残っていた。

メモを書いた人も、今どこへ行ったか分からない。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒い女

父親の友人

便乗する

くぐもった泣き声

インターホンの音

下校ルート