頭の上の数字

その事には、中学の頃、体育の時間に気がついた。

リレーの順番待ちをしていたら、フウカの頭の上に25という数字が浮かんでいた。

なんだろうと思っていたらマリの頭の上の数字も25だった。

リレーの最中、フウカからバトンを受け取った途端、マリの頭の上の数字が20になった。

その直後、マリが転んだ。

 

昼休み、レンが階段を駆け降りようとした。

頭の上の数字は27だったのが、いきなり1になった。

あっ、と思った直後、レンは階段から転げ落ちた。

階段の下でうずくまるレンの数字は、黄色くなって点滅していた。

私は(つまりこれは、残りのヒットポイントなんだ)と思った。

この数字が0になったら…

そこまで考えて私は背筋が寒くなった。

 

それ以来ずっと数字が気になって、つい頭の上をチェックするようになった。

下校途中、私は同級生や友達の頭の上を見た。

みんな20以上ある。

大丈夫だ。

一安心して振り返ったところに、ショーウィンドウがあった。

そこに映る私の頭の上の数字が、赤く点滅する0に変わる。

 

私の後ろには、ショーウィンドウに突っ込んでくる赤い自動車が………

朗読: 繭狐の怖い話部屋
朗読: 小麦。の朗読ちゃんねる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる