215 views

壁の穴

小学生の頃、教室の後ろの壁には夏休みに描いたポスターが貼られていた。

ある日、先生がそれを剥がしていた。

久しぶりに見る壁がやけに白く感じたのを覚えている。

「あれ…?」

見ると、そこに小さな穴が開いていた。

人差し指が入るくらいの穴だった。

しかも厚い壁の向こうまで続いているみたいで、穴の向こう側が明るい。

でも、隣は使われていない教室で、入り口には鍵がかかっていたはず。

じっと穴を覗いていると、向こう側で何かが動いて穴を塞いでしまった。

指を入れてみようかとも思ったが、怖い。

そこで鉛筆を差し込んでみることにした。

シュッとおかしな音がした。

鉛筆を穴から引き出すと、刃物で切り落とされたみたいに、長さが半分になっていた。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紫陽花

神の湧く地域

引き寄せられる

かんのむし

キムヨンファー