266 views

一番前は

小学生の頃の話。

新学期になって最初の朝礼があった日のこと。

休みの間に身長が伸びた私は、生まれて初めて一番前じゃなく、前から二番目になった。

私に代わってクラスで一番前になったのは友人のアキ(仮名)だった。

「前へならえ! なおれ!」

先生の号令に合わせて、前の子に向かって両手を伸ばすのも初めてだった。

アキのサラサラの髪の毛をぼんやり見ていたら、青いマニキュアを塗った白い指が、

アキの首筋をぎゅっと締め付けている。

アキはその場に倒れた。

先生たちはびっくりして「貧血だ、保健室へ」って騒いでるけど、違うような気がする。

朗読: 小麦。の朗読ちゃんねる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

探している怪談または修学旅行の怪談

罪滅ぼし

速い女

タンデム

多発する場所①

呪怨