858 views

白い手首

私が中学生の頃、自分の部屋で深夜にテレビを観ていた時。

なんとなく後ろを振り向いたら手首だけの白い手が床をサササー、と動いているのがみえました。

当時は「あ、今なんかおったなー」、小さい虫が出たくらいの気持ちでした。

今思えば、結構すごいのみたなとか、テレビの電気しかついてなくて暗かったのに大分はっきりみえたなとか時間がたってから思います。

それで、その手首はそれっきりで後日談というものもありません。

一体なんだったのか今でもよくわからないままです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

運ばれる

ラブホテル

あれは誰だったのか

開かずの下駄箱

笑う門には魔来る